MENU

バストアップサプリは10代(中学生、高校生)にはおすすめできない理由

 

バストアップ,10代

 

周りの子はどんどんバストアップしているのに、自分は胸が小さいままだと焦ってしまう気持ちもわかります。

 

 

10代のプエラリア服用については意見が分かれていますが、体のことを一番に考えると服用を決しておすすめできません。その理由と10代でもバストアップできる秘訣をお伝えします。

中学性、高校生などの10代の女性におすすめできない理由

中学性、高校生などの10代の女性はすでに女性ホルモンが多量に分泌されているのはご存知でしたか?エストロゲンという女性ホルモンがバストの中心にある乳腺を刺激することによってバストアップします。

 

バストアップ,10代

 

エストロゲンと年齢の相関図を見てみると、10代後半はエストロゲン(女性ホルモン)が急増しています。

 

 

もしこの時期にプエラリア(バストアップサプリ)を摂取すると、植物性の女性ホルモン(エストロゲン)様物質を体外から取り入れることになります。

 

 

この時期は元々エストロゲンが十分分泌されています。それなのに体外から急にエストロゲン様物質が入ってくると、脳は女性ホルモンがすでに足りていると判断し、女性ホルモンを分泌するよう子宮に命令を出さなくなってしまうかもしれません。

 

 

バストアップ,10代 
そうすると、プエラリアを飲むのを止めた時、身体が女性ホルモンをほとんど分泌できなくなってしまうかもしれません。10代は身体が急成長している段階でホルモンバランスがかなり不安定です。

 

 

その時期にホルモンの量をコントロールするようなことをしてしまうと、様々な副作用や成長阻害が起こりかねません。

 

 

胸が成長しないだけでなく、生理不順になってしまい、その後何年も安定しないかもしれません。女性は生理不順になってしまうと体全体に不調が生じるのでとてもしんどいです。

 

 

では、女性ホルモンが多くなる時期なのに、胸があまり育たない女性がいるのはなぜでしょうか?小胸の主な原因はバストの栄養不足とホルモンバランスの乱れと言われています。

 

 

もちろん遺伝のせいでエストロゲンの分泌が比較的少ないということもありえますが、良くない生活週間によってエストロゲンの分泌が阻害されている可能性が高いと言えます。

 

 

25歳〜30前位にホルモンの量がピークに達し女性として成熟しますから、成人してからでもまだまだ成長できます。今は身体が成長できる環境を最大限に作ってあげましょう。

バストアップサプリをおすすめできる人

エストロゲンが不足している大人の女性にプエラリアの服用をおすすめしたいと思います。

 

 

プエラリアとはタイ北部のモン族の女性が古くから摂取していたマメ科の植物で、そこの女性が白くて美しいということで、近年世界中で注目されるようになりました。

 

 

女性は一般的に20代後半くらいからどんどんエストロゲンの分泌が減っていきます。45歳〜55歳位に更年期がおとずれるとエストロゲンの分泌が激減してしまい身体に不調が生じるようになります。

 

 

エストロゲンの不足分を補うために必要な量だけプエラリアを摂取すると女性ホルモンのバランスを崩さずにバストアップできます。ですが、20歳を過ぎてからも不必要にたくさんプエラリアを飲んでしまうと本来のホルモンの分泌を阻害してしまいます。

 

 

プエラリアはあくまで女性ホルモンの不足分を補うために飲むものであることを忘れないようにしましょう。

10代の女性のバストアップを阻害していること

 

 

小胸の主な原因は血行不良によりバストに栄養やホルモンが行き渡っていないことです。卵巣で分泌されたエストロゲンがバストに運ばれてバストの中心にある乳腺を刺激することによってバストアップします。

 

 

10代の小胸の女性はホルモンは分泌されているのに血行が悪いため、バストにホルモンが十分に届いていないようです。また、バストアップするためには、バストの筋肉や脂肪をつくる栄養素が胸に十分届いていなければなりません。

 

【10代の女性の胸の成長を阻害していること】

@偏った食事
脂っぽい食事ばかりしていると血液がドロドロになり血行が悪くなり、バストが栄養やホルモン不足になります。

A睡眠不足
夜10時から2時の間に寝るとホルモンが最も活発に分泌されます。

B運動不足
運動不足だと血行不良になります。筋肉を動かすと身体が温まり、毛細血管まで血液が循環され、バストにも栄養が行き巡ります。

C体の冷え
身体が冷えると血管中に脂肪がたまり、血液がドロドロになってしまいます。ドロドロの状態では、栄養や酸素がバストにうまく運ばれなくなります。老廃物の排出が滞りますので、ますます胸の血行不良が進みます。

 

中高生の時にミニスカートを履いたりして寒いのを我慢していると慢性の冷え性になってバストアップできません。

 

バストアップ,10代

D猫背
猫背だと、胸が圧迫されて胸の血行が悪くなります。その姿勢が定着してしまうと慢性の肩こりになりますます血流が滞ります。

Eストレス
血行不良はストレスによって引き起こされることもあります。ストレスを感じると、ストレスホルモンが大量に分泌され血管を縮ませます。血管が狭くなることで血液が流れにくくなり、バストも栄養不足になります。

中学生や高校生におすすめのバストアップ方法

@栄養のある食事をとる
血液をどろどろにする外食やインスタント食品減らして、緑黄色野菜・魚・豆類・海藻などバストの元になる栄養を取り入れる食事をしましょう。

A早寝をする
なるべく夜10時〜2時に寝ると必ず結果が変わってくるはずです。

B適度な運動をする
歩いたり自転車に乗るなど身体を温める適度な運動を日課にしましょう。ただし、部活で過激な運動を続けるとホルモンバランスが乱れて生理がとまったり、バストの中のクーパー靭帯という組織が伸びてしまいバストアップを阻害してしまうので注意しましょう。

C身体を温める
暖かい格好をしたり暖かい物を飲んだりして身体を温めましょう。お風呂にしっかりつかりましょう。

D姿勢をよくする
気付いたら胸を張り姿勢をただしましょう。背中や肩のストレッチをすると筋力が鍛えられ姿勢が良くなります。

E自分に合ったブラを付ける
ワイヤーのあるブラで胸の脂肪を背中などに流さないように固定しましょう。ブラジャーを買うときは専門のお店でサイズを測ってもらい、自分に合ったブラジャーを付けましょう。正しいブラジャーの付け方を教えてくれる店員さんを探すと良いですよ。
バストアップ,10代

Fバストアップマッサージ
背中や脇のお肉を優しく胸に流してあげます。摩擦による刺激を避けるためバストアップクリームや泡でマッサージしましょう。

バストアップした人の口コミ

私は10代の頃Aカップだったんですが…

 

22〜23歳の頃にはDカップになりました。プラジャーを正しく付けるようになってから変化しました。20歳を過ぎてから、下着専門店でブラジャーの付け方が間違っていて、バストの成長を妨げているといわれ改善しました。

 

それからバストがグングン成長して気付いたらDカップになっていました。

10代の女性ははサプリに頼らずバストアップできます!

10代後半の時期はエストロゲンが元々十分に分泌されています。

 

 

ですから、バストアップについての正しい知識を取り入れ、バストアップを阻害している習慣を改善して、バストアップしやすい環境を最大限に整えてあげることで必ずバストアップできるはずです。

 

 

バストアップの使用は身体が成熟するまでちょっと待ちましょう。

 

 

以上、バストアップのために参考にしてください!

 

 

 


 

バストアップサプリの詳細比較

バストアップサプリ比較表

バストアップサプリ口コミ詳細

バストアップサプリの基礎知識

バストアップに効果的なこと

バストアップを阻む習慣

バストアップと生理周期

バストアップ有効成分

このページの先頭へ