MENU

ダイエットしたら胸がなくなった!胸を残す方法とは!?

 

バストアップ,ダイエット

ダイエットで胸がなくなった!その原因とは?

 

ダイエットをしたら胸から痩せてしまったという経験はありませんか?痩せたのは嬉しいけど、胸がなくなってしまうのは、女性として不本意ですよね。

 

 

胸から痩せてしまうのには実は根拠があるのです。その理由を知れば、胸を残す方法が見えてくるはずです!

 

バストの脂肪は燃焼されやすい

バストの脂肪が燃焼されやすい理由

  • 心臓に近いため体温が高い
  • 胸の脂肪は柔らかい

バストは9割が脂肪で、あとの1割が乳腺で構成されています。胸の脂肪が減ると、当然胸も小さくなってしまいます。

 

 

バストは心臓に近く体温が高いので、脂肪が燃焼されやすいといえます。また、胸の脂肪は柔らかいので、下半身や他の部分の脂肪に比べてエネルギーとして燃えやすいのです。

 

運動で胸を激しく揺らしてしまった

バストアップ,ダイエット

 

なおさら気をつけたいのは、運動で胸が揺れて燃焼されてしまうことです。脂肪は揺らすと燃えやすくなります。脂肪を揺らせばそこの血行が良くなるため、代謝が上がって脂肪が燃焼されるのです。

 

 

また、やわらかいバストは、クーパー靭帯という組織によって支えられています。

 

 

クーパー靭帯は、運動で胸が激しく揺れると伸びてしまうことがあり、一度伸びたら元に戻らないのです。クーパー靭帯が伸びるとバストが下がってしまいます。

 

脂肪が不足して女性ホルモンが減ってしまった

体が女性ホルモンをつくるには、脂肪が必要です。

 

 

エストロゲン(女性ホルモン)は卵巣だけでなく皮下脂肪細胞でも作られています。皮下脂肪が少なくなるとエストロゲンが減ってしまうのです。

 

 

胸を中心で支えているのは「乳腺」。女性ホルモンが減少すると、乳腺への刺激も減り、乳腺がしぼんでしまいます。

 

 

乳腺がしぼむと、胸のハリが無くなり、脂肪がだらんと垂れさがってしまうのです。

 

胸を支える大胸筋が発達していない

大胸筋とは脇の横についている胸の筋肉です。大胸筋が鍛えられると、バストがツンと上に引っ張り上げられます。

 

 

大胸筋が発達していないのに痩せると、胸の脂肪をキープできず、そのまま胸が小さくなってしまいます。筋力がないと、バストの脂肪は重力に逆らえず容易に垂れ下がってしまうのです。

 

 

その結果、次第に下腹や下半身に脂肪が流れて、「体はなかなか痩せないのに胸ばっかり痩せる」という事態が起こってしまうわけなのです。

 

 

その上、ダイエットで肉類などのタンパク質を控えてしまうと、大胸筋がつくられず、バストの形を保てなくなるのです。

胸を残すための3つの対策

胸が流れないようブラジャーでしっかり固定

バストアップ,ブラジャー

 

背中や脇、胸の下の脂肪をブラジャーでしっかり胸に寄せると、それだけで結構バストアップできることはご存知でしたか?

 

 

ブラジャーをちゃんと付けていないと、胸の肉が周りに流れてサイズが落ちてしまいます。

 

 

その流れた肉は何度もたぐり寄せてブラジャーで固定することで定着化していきます。ズレたら1日に何度も肉をたぐり寄せてブラジャーでキープすることが大切です。

 

 

また、運動中にバストが大きく揺れてしまうことはありませんか?伸びやすいクーパー靭帯を支えるために、スポーツ用ブラやフルカップのような胸全体を支えてくれるブラジャーをするのがおすすめです。

 

大胸筋を鍛える

バストアップ,エクササイズ

 

大胸筋はバストを支えている筋肉です。大胸筋を鍛えるために、お祈り運動と呼ばれる、胸の前で手を合わせて中心に向けってグーっと力を入れるエクササイズなどがあります。

 

 

また、水泳はダイエットにもいいですが、効果的に大胸筋を鍛えることができると言われています。

 

ダイエット中でも栄養を取り入れる

バストアップ,タンパク質

 

1食置き換えダイエットや同じ物ばかり食べるダイエットを行っていませんか?そういったダイエットはバストアップによくありません。

 

 

バランスよく栄養をとって健康な状態ではじめてバストアップできるのです。

 

 

まず、必要な栄養素はタンパク質。タンパク質から血液や大胸筋などの筋肉やがつくられます。タンパク質が多い食品は、肉・魚・卵・大豆・乳製品などです。

 

 

これらは空腹時に食べると満腹感がえられやすいので、実は食べ過ぎ防止にもなるのです。積極的に取り入れましょう。

 

 

また、ダイエット中は脂肪をつい敬遠してしまいがちですが、ある程度は取り入れるようにしましょう。

 

 

体はガリガリだけど胸だけ大きいというのは、実際的ではありません。TVで見るそうゆう人は豊胸手術に頼っている場合があるのも事実。

 

 

バストアップのためにある程度の脂肪は必要だということですね!

 

 

さらに、肌のハリが失われると胸もシワシワになってしまいます。ですから、果物や野菜でビタミンを採って肌にハリを与えることもバストアップにとって大切です。

ダイエットをしても胸を残すために!

こうして考えてみると、ダイエットをしても胸を残すためには、胸に肉を寄せ集めること、大胸筋を鍛えること、ダイエット中でも栄養を取り入れることが大切なことがわかりましたね!

 

 

痩せたら胸の肉も一緒に減りやすいのは事実ですが、諦めないことが大切です。

 

 

ダイエットでサイズダウンしてしまった分はバストエクササイズ、ブラジャーで固定すること、さらにはバストアップサプリで補うとよいでしょう。

 

 

以上、バストアップのために参考にしてください!

 

 

 


 

バストアップサプリの詳細比較

バストアップサプリ比較表

バストアップサプリ口コミ詳細

バストアップサプリの基礎知識

バストアップに効果的なこと

バストアップを阻む習慣

バストアップと生理周期

バストアップ有効成分

このページの先頭へ